淡中 圏の脳髄(永遠に工事中)

このページについてフィードバック(感想・意見・リクエスト)を送る

Πάντα ῥεῖ

トップページ

昼寝から目覚めてみると、世界は遥か過去に滅びてしまっていて、もうすぐ午後のお茶がはじまる時間だった。