淡中 圏の脳髄(永遠に工事中)

このページについてフィードバック(感想・意見・リクエスト)を送る

The road to hell is paved with good intentions

Genesis Inc.

書庫に戻る

Genesis Inc.

はじめに神は天と地とを創造された。

地は形なく、むなしく、やみが淵の表にあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。

神は「光あれ」と言われた。すると光があった。

神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。

神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。

神はまた言われた、「水の間に大空があって、水と水とを分けよ」。

そのようになった。神はおおぞらを作って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた。

神はおおぞらを天と名づけられた。夕となり、また朝となった。第二日である。

神はまた言われた、「天の下の水は一つの所に集まり、かわいた地が現れよ」。そのようになった。

神はそのおおぞらを天と名づけられた。夕となり、また朝となった。第三日である。

神はまた言われた、「天のおおぞらに光があって昼と夜とを分け、印のため、季節のため、日のため、年の為になり、天のおおぞらにあって地を照らす光となれ」。そのようになった。

神は二つの大きな光を作り、大きい光に昼をつかさどらせ、小さい光に夜をつかさどらせ、また星を造られた。

神はこれらを天のおおぞらに置いて地を照らさせ、昼と夜をつかさどらせ、光とやみを分けさせられた。神は見て、良しとされた。

夕となり、また朝となった。第四日である。

神はまた言われた、「水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ」。

神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。神は見て、良しとされた。

神はこれを祝福して言われた。「生めよ、ふえよ、海たる水に満ちよ、また鳥は地にふえよ」。

夕となり、また朝となった。第五日である。

神はまた言われた、「地は生き物を種類にしたがっていだせ。家畜と、這うものと、地の獣とを種類にしたがっていだせ」。そのようになった。

神は地の獣を種類に従い、家畜を種類に従い、また地に這うすべての物を種類にしたがって造られた。神は見て、良しとされた。

神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって、会社を作り、これに海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めさせよう」。

神は自分のかたちに会社を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、株式会社と合同会社とに創造された。

神は彼らを祝福して言われた、「搾取せよ、増産せよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物と社員とを治めよ」。

神はまた言われた、「わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草と、種のある実を結ぶすべての木とをあなた方に与える。これがあなたがたの原資となるであろう。また地のすべての獣と社員、空のすべての鳥、地を這うすべてのもの、すなわち命あるものには、食物としてすべての青草を与える」。そのようになった。

神は最後に会社に言われた、「将来にわたって存続し続けよ。それが継続企業の前提なれば」。

神は造ったすべての物を見られたところ、自分のかたちに創造された会社がすべてを治めているさまが見え、はなはだ良かった。夕となり、また朝となった。第六日である。

こうして天と地と、その万象とが完成した。

神は第七日にその作業を終えられた。すなわち、そのすべての作業を終わって第七日に有給休暇を取られた。法定休日には無給で働いていたので。

神はその第七日を祝福して、これを聖別された。神がこの日に、そのすべての創造のわざを終わって、有給休暇を取られたからである。

これが天地創造の由来である。

解説

本当に何回でも何回でも創世記をネタに小説を書いてしまう。

偏執狂染みてるし、強迫観念なんだろうか。

タグ

書庫に戻る