淡中 圏の脳髄(永遠に工事中)

このページについてフィードバック(感想・意見・リクエスト)を送る

There's more than one way to do it

消しゴム

書庫に戻る

消しゴム

「隊長、みてください!」

「なんや?」

「ほら、あれ」

「おわ、なんやあれ!? なんや……真っ黒いのが広がっとるやん!」

「3丁目のあたりはもうすっかり飲み込まれてますね。黒い霧とかではなく、空間自体が変色しているように見えます」

「何が起こってるんや一体」

「あそこらへんに、小学校があるんで、息子に聞いてみます」

「息子さんは大丈夫なんか? 心配ちゃうん?」

「ええ、だから確認も兼ねて。あ、もしもし。大丈夫か? 真っ暗で何も見えない? とにかくそこから離れて家に帰ったほうがいい。 え? 授業? いいよ、こんな時に。父さんが許すから」

「ずいぶん呑気やな」

「うん。ああ、そうなの。そうか。なるほどな。まあ、そういうのは人それぞれだからな。友達は友達、自分は自分だ。いつも言ってるだろ?」

「何の話しとるんや……」

「そうか、わかった。相談してみるよ。隊長!」

「わ、なんや、急に?」

「ちょっと学校に届けたいものがあるのですが……」

「何やねん、こんなときに。許可できるわけがないやん。大体原因もわからんのに、危険すぎるわ」

「それが原因がわかったんですよ」

「え、ほんま? なんやの一体」

「息子の隣の席の子が、裕二君というんですが」

「へえ」

「その裕二君は、なかなか頑固で、一度こうと決めたらなかなか変えないらしくて」

「そうなんや」

「それで今日は間違えた文字を消そうと懸命に消しゴムでノートを擦っていたんだそうです。ところがその消しゴムがキャラ消しらしくて」

「俺ん頃はキン肉マンの消しゴムが流行ってたね」

「ああいうのは消えないでしょう」

「ああ、まあ、消しゴムとして使うもんではあんまりないもんな」

「それで頑張って消しても、紙に黒い染みが広がるばかり」

「あるある」

「それでも裕二君は諦めないわけです」

「なるほどなあ」

「それで紙が破れて」

「それもあるあるやな」

「そしてそれでも消そうとするものだから、紙の破れたところから、黒い染みが空間に広がってしまったわけです」

「そうはならんやろ」

「いや、それがなってしまっているわけです。裕二君というのはそれくらい根性のある子なわけです。息子も感心してました」

「君の息子もなかなかの理解力やね」

「で、息子が言うには、新品の消しゴムなら裕二君も納得してくれるかも、ということなんです。だから僕がこの未使用のMONO消しゴムを持って学校まで行こう、と言うわけです」

「正気か?」

「そこは、本気か、と聞いてください」

「止めても無駄、というわけやな」

「ここでいかなくちゃ、僕はこのバッジを隊長に返さなくちゃいけなくなりますよ」

「わかったわかった、止めへん。奥さんに伝えといたほうがええこととかあるか?」

「そうですね。もし僕が帰らなかったら、あの時はすまなかった、君の疑いは事実だ、と言っておいてください」

「なんやそれ? それ、帰って来れたら言わんほうがええ話か?」

「では!」

「ちょ、ちょい待ち! ああ、いってもうた……」

こうしてしばらく世界は大量の消しカスだらけになったという。

解説

イグBFC3に目眩の花園が応募できなかったら応募する予定だった補欠の作品。

タグ

書庫に戻る