淡中 圏の脳髄(永遠に工事中)

このページについてフィードバック(感想・意見・リクエスト)を送る

If you have the right attitude, interesting problems will find you

書庫

検索結果:100件

作品名 発表時期 章数 文字数 タグ
失われた記憶 2007/11/26 1 8760
海岸に打ち上げられてたりベッドで起きたりしたときに記憶喪失になってるのはまだマシで、事件の真っ最中に自分が記憶喪失であることに気付いたらとても困ると思う。
大蛤の見た夢 2007/10/14 1 11066
砂漠の真ん中のバス停でバスを待ち続けているのだが、なかなかバスが来ない。
事の真相 2007/09/24 1 327
クレタ島の迷宮が本当に隠そうとしたもの。
この作品を尊敬する故手塚治虫氏に捧げる 2007/08/27 1 1178
ガラスの地球を救え。
脳移植であなたも素敵に変身できる? 2007/07/10 1 1935
自分の人格や脳にほとほと嫌気がさした皆さん。思い切って脳を移植してみませんか?
家庭の危機 2007/05/01 1 4086
お前は実は私たちの子どもじゃなくて花の妖精なの
不在 2007/04/20 1 1096
部屋に泥棒が押し入った。盗まれたのは何?
見つめ返してくる深淵 2007/04/13 1 7917
なぜ私が穴を掘っては埋めるという無意味なことをし続けているかを説明しようとすると、それには小学生時代、知恵おくれのクラスメイトの皆で馬鹿にしていたことに遡らねばならない。
この小説の読み方 2007/03/01 1 2240
この小説を読む前にこの小説の読み方をお読み下さい。つまりこの小説のことです。要はこの小説を読む前にこの小説を読んで下さいってことです。でないとこの小説は読めないかもしれません。
水平線なんかぶっ飛ばせ 2006/12/31 1 497
死んだはずの川瀬に町で出会ったのに、川瀬は俺たちのことを覚えていない。そこで俺達は
違います 2006/10/02 1 7166
自分がフィクションの中の人物だと気づいてしまった主人公。しかし彼のたどり着いた真相は真実とは微妙にずれていた。
これは便利!不幸の手紙例文集 2006/06/14 1 1265
不幸の手紙が書きたくなったらいつでも使える便利な例文集です。
私ではなく 2006/05/29 1 931
ここで語られているのは私ではない
お葬式 2005/12/02 1 32071
自分の葬式がこれから行われるらしいということを知った男はとんでもない大騒動に巻き込まれていく。
魚には死後の生命があり、釣られた後も成長し続ける 2005/04/25 1 2863
とある山の中で釣りをする男。釣れない。そんな男に話しかけた奇妙な男。
2005/03 1 10222
夢の中で殺す側と殺される側を行き来しながら'私'は変転を繰り返す。
爆発 2004末 1 9041
一年の総決算に超適当な小説を書いて、来年も適当な年になるように祈願する。
緊急告知!影から忍び寄る忍者 2004中頃 1 5527
この世のあらゆる怪奇現象の裏には忍者の暗躍があった。
走馬灯 2004/6頃 1 5733
ビルから飛び降りた若者の走馬灯を覗いてみると……
よくわからないもの 2004/12/21 1 8858
なんだかよくわからないものがもたらす地球に危機とは?
ヒトコロリ 2004/12/10 1 7519
大量発生する害獣ヒトをコロリと駆除する新製品
皮膚病怖い 2004/12/01 1 5786
みなでお互いの怖いものを言い合っていたところ、一人だけ自分には怖いものはないと言いはる男がいる。それでも何か怖いものがあるはずと食い下がると、
迷路の中で 2004 1 5352
幼いころ迷路の中で迷ったこと。そのことを思い出しているうちに、迷路に関する思索へと誘われる
我らの豊饒な海 2001頃 1 1604
我らを育んだ豊穣な海。その美しさは計り知れない
おのぞみな結末 2000頃 1 1734
大金を運ぶ仕事を任された男。その男は仕事仲間に奇妙な言葉を言う。メロンライスにガムライス

トップページに戻る